投稿日:

なぜイソフラボンには副作用がないのか?

イソフラボンは絶対に安全か?と言われると必ずしもそうだと答える事が出来ません。

ですが、同じように健康、美容、ダイエットのいずれの効果もあるイソフラボンなら副作用のリスクはないと言えるでしょう。

なぜイソフラボンには副作用がないのかというと、イソフラボンとはダイズに含まれる天然成分だからです。

そしてその働きも女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。

エストロゲンとは体内で作られる成分なのでリスクは一切ありません。

そしてそのエストロゲンと同じ成分のイソフラボンもやはり体内で副作用を起こる事はないというわけです。

またサプリメントではなく、料理の中や豆乳などの加工食品として栄養分を摂取するため飲み合わせの心配もゼロです。

イソフラボンは1日どれぐらい摂取すればいい?

イソフラボンの1日あたりの摂取量は70~75㎎が適量だと言われています。

ちょうど紙パックの豆乳だと1本分ぐらいでしょうか。

それなら毎朝1本豆乳を飲めば、健康的だと言えるでしょう。

ただし、あまりイソフラボンを大量に摂取しない方がいいのは妊婦の女性です。

妊娠中は女性ホルモンのバランスを崩しやすいため女性ホルモンに影響を与えるイソフラボンもあまり摂取しない方がいいでしょう。

投稿日:

万能な馬油で保湿や保温効果を吸収しよう

馬油の成分が人の角質層の細胞間脂質にとてもよく似ているのです。

そのため肌との相性がよく、ヤケドや肌荒れ、傷、アレルギー、ニキビなど肌のトラブルに対して万能です。

昔から民間治療薬として使用されてきました。

そして美容効果も高く、肌のキメを整えて、潤いを保つ上に、外部の刺激から肌の守ってくれます。

肌に塗ってもベタつかない馬油

馬油の特徴について紹介したいと思います。

馬油は浸透力に優れています。
そのため保湿効果があるのに、肌に塗ってもベタつかずサラっと使用する事が可能です。

また抗酸化作用や殺菌作用があります。

他にも保温効果があり、馬油を使ってマッサージをすると血液の流れがよくなり、身体がポカポカになります。

そして馬肉は食べる事も可能です。
そのため馬の油は食べても特に支障がありません。

つまり口に入れても大丈夫なぐらい安全性が高く、そして副作用がないという事です。

投稿日:

牛乳の代わりに豆乳を摂り続ける

豆乳にはイソフラボンという成分がたくさん含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。

加齢に伴い減少してしまう女性ホルモンを豆乳が補う事が出来るのです。

そのため更年期障害や骨粗鬆症などの予防の効果があります。

また豆乳の原料は大豆です。

大豆は良質な植物性タンパク質を摂取する事が出来るので、低カロリーでありながら栄養分はバッチリです。

豆乳が健康にいい事は分かっても、豆乳をそのまま飲むのは苦手だという人も少なくないでしょう。

そんな人におススメなのは牛乳の代わりに料理に使うという点です。

豆乳スープにしてもいいですし、豆乳鍋も野菜もたっぷり摂取出来るのでお勧めです。

他にも豆乳のシチューやグラタンなどホワイトソース系の料理にも合うでしょう。

コーヒーに牛乳ではなく、豆乳を入れてカフェオレとして飲むのなら手間も全然かからずに気軽に豆乳生活を始める事が出来そうですよね。

投稿日:

昔から親しまれている豆腐屋さんの豆乳

今は健康志向が高まっているので、いろんな健康食品が販売されています。

しかし全く知らないモノに対して健康だから飲んでみてと言われてもその効果は半信半疑ですよね。

ですが豆乳なら原料の大豆も、として豆腐も私たちに馴染みのものです。

そのため豆乳が健康にいいと言われると素直に受け入れる事が出来るのです。

長く親しまれてきたものだから、その信頼性という意味ではやはり豆乳が1番なのではないでしょうか?

もしあなたが子供の頃に豆腐屋さんで購入した豆乳が、すごく美味しくなくて、嫌いになった。

それ以来豆乳は飲んでいないというのであれば、もしかすると飲まず嫌いになっている可能性があります。

先ほど豆乳は昔からある健康食品だと言いましたが、昔から何も変化していないわけではありません。

昔は味が美味しくなくても健康のために飲んでくれる人がいました。

ですが今はこんなに健康食品が溢れていて選択肢が広がっています。

豆乳だって美味しくないままでは売れない時代になったのです。

そこで商品開発が進み、栄養価が損なわれないけれど、飲みやすく美味しい豆乳がどんどん新商品として販売されています。

昔ながらあるけれど、全く昔のままというわけではないようです。

投稿日:

魔法みたいな水素水が大注目されているワケ

水素水とは水素が含まれる水です。

そして水素水を摂取する事で体内の活性酸素を抑制する働きがあると言われています。

活性酸素とは老化を促す働きがあるので、水素水は老化を防ぐ、つまりアンチエイジング効果があるというわけです。

また水素水を飲む事で新陳代謝がアップするため、ダイエット効果や美容効果も期待する事が出来るでしょう。

水を飲む健康法が流行った時にありましたが、水を飲むよりも、水素水を飲む方がより効果的に健康になる事が出来るでしょう。

水素水の適切な選び方

水素水が世間で注目を集めると、いろんなメーカーがこぞって水素水を発売しています。

そのため種類が多すぎてどれを選んだらいいのか分からない、味にそれほど違いがあるわけではないし効果も変わらないだろう。

そんなふうに思うかもしれません。

確かに水素水は水素がどれだけ含まれているかなんて、見た目では分かりません。

しかし必ず水素濃度がパッケージに記載されているはずです。

水素濃度が高いものを選びましょう。

投稿日:

プラセンタでいつも以上に若々しく魅せる

プラセンタとは日本語に訳すと胎盤という意味です。
胎盤の中で胎児は成長します。そのため胎盤には発育のために必要な栄養素が何でも揃っている状態です。
タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸・・・・などです。
そのためその非常に高い栄養価に注目され、スキンケア用品やサプリメントとして販売されているのです。

プラセンタの効果は

これだけ栄養価が高いプラセンタですから、その効果は実に多様です。
まず自己免疫力が上昇します。美肌・美白効果もあります。細胞が元気になるため新陳代謝が高まります。
保湿作用に血行の流れがよくなる作用もあり、美容、健康に効果的です。

また病院で治療の際にもプラセンタは活用されています。
例えば肝臓強化、炎症鎮静、活性酸素の除去などです。

投稿日:

普段から豆乳を飲む習慣をつけよう

豆乳を飲めば健康に長生きできる

健康で長生きしたいと思っている人は少なくないでしょう。

しかし健康にいい事を何かしていますか?
定期的に運動や栄養のバランスのとれた食生活が大切な事は分かっていてもなかなか実践するのは難しくもあります。

ですが豆乳を飲むだけなら簡単ですし、簡単でありながら豆乳で得られる効果は大きいでしょう。

高齢者にこそ豆乳が必要

豆乳の効果は実にさまざまです。

コレステロールや血圧の低下の働きがありますし、更年期障害にも効果的です。

高齢になると骨が弱くなってしまうので、豆乳の骨粗鬆症を予防する効果もとても助かりますよね。

それからあまり知られていないかもしれませんが、豆乳にはボケ防止に効果があると言われています。

まだまだ認知症については分からない事だらけですから、豆乳でボケ防止が出来るのな予防に飲んでおきたいと思いますよね。

投稿日:

コエンザイムQ10の酵素補助でカラダを活性化

コエンザイムQ10とは合成語です。

コとエンザイムという2つの言葉から出来ています。

コとは補助という意味、そしてエンザイムとは酵素という意味です。

つまり2つの意味を合わせると、補酵素、酵素を補助する働きがコエンザイムQ10にはあるという事です。

コエンザイムQ10の効果は

酵素とは身体を活性化させる働きがあります。

そして身体が活性化すれば新陳代謝がよくなり、脂肪を燃焼したり、血液の流れがよくなったりとプラスの効果がいろいろあります。

そんなプラスの効果をさらにアップさせる事が出来るのが酵素を補助するコエンザイムQ10なのです。

投稿日:

体内のコラーゲンが不足すると肌に保湿が無くなり乾燥していく

身体のパーツの中でコラーゲンを必要としているのは肌だけではありません。

もちろん皮膚の70%以上がコラーゲンから出来ているので、肌ももちろんコラーゲンをたくさん必要とするパーツです。

コラーゲンの働きで肌の水分を保つ事が出来ているのです。

またコラーゲンは骨と骨をつなぐ間接部分にもたくさん必要とします。

膝とか肘がスムーズに動くのはコラーゲンのおかげなのです。

そして血管が丈夫で弾力があるのもコラーゲンのおかげですし、瞳、つめ、髪などの主成分もコラーゲンです。

コラーゲンが不足すると危険です

身体の至るところでコラーゲンが働いている事は理解してくれたと思います。

しかしながらコラーゲンは体内で生成量が20歳をピークに年々減少してしまいます。

そのため肌はコラーゲンが不足して、乾燥しやすく弾力やハリを失ってしまいます。

また高齢になると間接が傷むのはコラーゲンが不足してしまったためです。

老眼で視力が落ちてしまう原因もコラーゲン不足のためです。

つまりコラーゲンが減少してしまう事で、老化現象は一気に進んでしまい、身体に不調が出るようになるわけです。

投稿日:

若い女性でもイソフラボンが不足している人が増えている

若い女性だから女性ホルモンが十分に足りているのか?というと残念ながらそうとは限りません。

例えば女性ホルモンは若い女性であっても無理なダイエットやストレスなどによりホルモンバランスを崩してしまう事がよくありからです。

例えば生理不順になっていませんか?生理不順も女性ホルモンのバランスが崩れている合図だと思って下さい。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、肌がボロボロになるだけでなく、様々な病気のリスクが高まってしまいます。

若いから大丈夫と過信せずに、日常的にイソフラボンを摂取するようにしましょう。

ホットドリンクとして豆乳を飲もう

イソフラボンを一番手軽に摂取する方法は豆乳を飲む事です。

しかし豆乳はクセがあって少し飲みずらく感じてしまうかもしれません。

また寒い時に冷たい飲み物を飲むと身体を冷やしてしまう原因にもなってしまいます。

なので豆乳はホットドリンクとして飲む事をお勧めします。

味が気になるのなら、カフェオレ、ココア、きな粉、抹茶、ミルクティーなど牛乳の代わりに豆乳を使えば美味しく頂く事が出来るでしょう。