投稿日:

若い女性でもイソフラボンが不足している人が増えている

若い女性だから女性ホルモンが十分に足りているのか?というと残念ながらそうとは限りません。

例えば女性ホルモンは若い女性であっても無理なダイエットやストレスなどによりホルモンバランスを崩してしまう事がよくありからです。

例えば生理不順になっていませんか?生理不順も女性ホルモンのバランスが崩れている合図だと思って下さい。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、肌がボロボロになるだけでなく、様々な病気のリスクが高まってしまいます。

若いから大丈夫と過信せずに、日常的にイソフラボンを摂取するようにしましょう。

ホットドリンクとして豆乳を飲もう

イソフラボンを一番手軽に摂取する方法は豆乳を飲む事です。

しかし豆乳はクセがあって少し飲みずらく感じてしまうかもしれません。

また寒い時に冷たい飲み物を飲むと身体を冷やしてしまう原因にもなってしまいます。

なので豆乳はホットドリンクとして飲む事をお勧めします。

味が気になるのなら、カフェオレ、ココア、きな粉、抹茶、ミルクティーなど牛乳の代わりに豆乳を使えば美味しく頂く事が出来るでしょう。