投稿日:

体内のコラーゲンが不足すると肌に保湿が無くなり乾燥していく

身体のパーツの中でコラーゲンを必要としているのは肌だけではありません。

もちろん皮膚の70%以上がコラーゲンから出来ているので、肌ももちろんコラーゲンをたくさん必要とするパーツです。

コラーゲンの働きで肌の水分を保つ事が出来ているのです。

またコラーゲンは骨と骨をつなぐ間接部分にもたくさん必要とします。

膝とか肘がスムーズに動くのはコラーゲンのおかげなのです。

そして血管が丈夫で弾力があるのもコラーゲンのおかげですし、瞳、つめ、髪などの主成分もコラーゲンです。

コラーゲンが不足すると危険です

身体の至るところでコラーゲンが働いている事は理解してくれたと思います。

しかしながらコラーゲンは体内で生成量が20歳をピークに年々減少してしまいます。

そのため肌はコラーゲンが不足して、乾燥しやすく弾力やハリを失ってしまいます。

また高齢になると間接が傷むのはコラーゲンが不足してしまったためです。

老眼で視力が落ちてしまう原因もコラーゲン不足のためです。

つまりコラーゲンが減少してしまう事で、老化現象は一気に進んでしまい、身体に不調が出るようになるわけです。