投稿日:

なぜイソフラボンには副作用がないのか?

イソフラボンは絶対に安全か?と言われると必ずしもそうだと答える事が出来ません。

ですが、同じように健康、美容、ダイエットのいずれの効果もあるイソフラボンなら副作用のリスクはないと言えるでしょう。

なぜイソフラボンには副作用がないのかというと、イソフラボンとはダイズに含まれる天然成分だからです。

そしてその働きも女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。

エストロゲンとは体内で作られる成分なのでリスクは一切ありません。

そしてそのエストロゲンと同じ成分のイソフラボンもやはり体内で副作用を起こる事はないというわけです。

またサプリメントではなく、料理の中や豆乳などの加工食品として栄養分を摂取するため飲み合わせの心配もゼロです。

イソフラボンは1日どれぐらい摂取すればいい?

イソフラボンの1日あたりの摂取量は70~75㎎が適量だと言われています。

ちょうど紙パックの豆乳だと1本分ぐらいでしょうか。

それなら毎朝1本豆乳を飲めば、健康的だと言えるでしょう。

ただし、あまりイソフラボンを大量に摂取しない方がいいのは妊婦の女性です。

妊娠中は女性ホルモンのバランスを崩しやすいため女性ホルモンに影響を与えるイソフラボンもあまり摂取しない方がいいでしょう。